空飛ぶ船は癒し舟

空飛ぶ船は癒し舟

雨ニモ風ニモ雪ニモ夏ノ暑サニモマケルケド笑顔は忘れず雑草のごとく強くはびこる

【虫除けスプレー】レモンユーカリとローズマリーは必須!

前回の記事では、高校生の科学部による

「蚊を撃退する香りについて」というすばらしい研究を参考にして

虫除けスプレーを作ってみることにした経緯を書いた。

galaxy-journey.hatenablog.com

 

今回は、スプレーに使う精油を選択してみよう

もちろん効果のほどは自己責任。皮膚トラブルなど

使用に当たって起こりうるあらゆる問題も自己責任で。

 

ところで、これまた高校生の研究によると蚊に刺されやすい人は、

足の常在菌の種類が非常に多いのだそう(多様性が高い)

常在菌が多いんじゃなくて、種類が多いんだからね!ヽ(#`Д´)ノ

臭くないから!ヾ(*`Д´*)ノ"

ま、でも汗かきだから、こまめに清潔を保つとしとう


しかし高校生たちの研究すばらしいよ、ホント。

(私はそんな有意義なこと何もしてなかった

 

一般的なレシピでよく使われている精油

 
虫除けスプレーでは、だいたい以下の精油の中から選択される頻度が高いと思う。

f:id:rising-dragon:20160907034350j:plain

今回、選抜される精油はこれ!

 

今回、高校生の研究を参考にして、自分なりに成分を調べてチョイスしてみたのがこれ。

 

1.ローズマリー

高校生の「蚊を撃退する香り」の研究で、優秀な成績を収めていた

ローズマリーに含まれるどの成分が効果的なのかは不明だが、

現時点で注目すべきは、カンファーという成分かもしれない

 

少なくともカンファーについては、忌避効果が高いことが確かめられているからだ。

しかし本当のところは今後の研究結果を待ちたい。

f:id:rising-dragon:20160907034427j:plain

ちなみにローズマリー精油には3種類ある。

  1. ローズマリー・シネオール
  2. ローズマリー・ベルベノン
  3. ローズマリー・カンファー

この中で最もカンファーの含有量が多いのは、その名の通り3番の

ローズマリー・カンファー(Rosmarinus officinaiis Camphora)だ。 

 

今回は虫除けが目的なので、とりあえず

ローズマリーカンファーをチョイスしてみよう。

 

2.レモンユーカリユーカリ・シトリオドラ)

 

上記研究では、この植物は登場しないが、今回は成分に注目しての選抜となった。 

特に注目すべきは、シトロネラールという成分だ。

 

この成分は、上記の研究でも効果絶大だった

レモンユーカリはこれをとても多く含有しているのだ。

f:id:rising-dragon:20160907034707j:plainBy Bidgee - Own work, CC BY 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=5395665

精油を選ぶ時、ユーカリレモンとか、レモンユーカリとか、

ユーカリシトリオドラとか呼び名がややこしいが、全部同じだ。

 

選考まとめ

 

高校生の研究報告書によれば、シトロネラールとカンファーは、

ヒトスジシマカに対する忌避効果が特に高いことがわかる。

 よって、この2つの成分を含む精油は今回の蚊除けになくてはならない。

 

その他(手持ちのオイルを伏兵として活用)

 

ゼラニウム 

世間では蚊に効くとか効かないとか諸説あるが、

上記の研究ではそこそこ好成績をおさめていた。

研究結果から推察するに、ゼラニウムはある程度の濃度がないと効果が出ないだろう。

それ以下の濃度だと作者の気休め的な感じになってしまいそうだ。

f:id:rising-dragon:20160907034420j:plain

シトロネロール、ゲラニオールなどの成分が鍵になりそうだが、

リナロール、メントンなども少量含まれており、総合力で勝負してそうな感じ。

 

そこそこ実力がありそうなので、今回は伏兵として入れてみよう。

 

・・・が、わざわざ精油を買い揃える必要まではなさそうだ。

私はすでに家にあるので使うこととする。

 

スパイクラベンダー

 

ラベンダーは、蚊除けとして主力にはなりにくそうだが、

今回は成分に注目しての選抜(あくまで伏兵として)。

 

ラベンダー精油にもいくつか種類があるが、

この品種を選んだ理由は、カンファーをより多く含んでいるからだ。

またラベンダーに含まれるリナロールも期待できそう。

f:id:rising-dragon:20160907034322j:plain

蚊除け目的の場合、ラベンダーならなんでもいいという訳ではなく、

カンファーやリナロールが成分が多く含まれている品種がよいだろう。

これも手持ちがあったら入れるという感じ。

 

メイチャン

 

日本ではアオモジと呼ばれる木。これもまた効果絶大という訳ではないが、

ラニアールとネラールという成分(二つ合わせてシトラールと呼ぶ)が

多く含まれるため、多少忌避効果が期待できそう。またリモネンも少し含まれている。

レモン系の香りは虫が嫌うようだから補完的に入れておくのもいいだろう。

f:id:rising-dragon:20160908154223j:plain

By LiChieh Pan / Flickr user: plj.johnny ( http://www.flickr.com/photos/plj/ ). Original uploader was Badagnani at en.wikipedia - Transferred from en.wikipedia(Original text : http://www.flickr.com/photos/plj/410967432/), CC BY 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=9432412

 

わざわざ買う必要はないが、私は手持ちのがあるため入れてみることにする。 

 

レモンティーツリー

 

手持ちのオイルではないが、余談で。

いろいろ調べていたらこのレモンティーツリーオイルも虫除け効果が高そうだった。

シトラール(ラニアールとネラール)やシトロネラールを割と多く含有している。

f:id:rising-dragon:20160908163750j:plain

By Raffi Kojian - http://Gardenology.org, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=12734218

 

効果絶大なシトロネラールについて。

レモンユーカリが約80%とすると

レモンティーツリーは約20%ほどといったところ。

 

それにコスト的にちょっとどうだろう。

これらの理由からレモンユーカリにこしたことはない。

 

※ちなみにレモンティーツリーはティーツリーではない。

 

よし!これで蚊除けのための精油選考は一段落でいいだろう。

次回は今回の情報をさらにまとめてみようと思う。