空飛ぶ船は癒し舟

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶ船は癒し舟

雨ニモ風ニモ雪ニモ夏ノ暑サニモマケルケド笑顔は忘れず雑草のごとく強くはびこる

【受講メモ】性格構造論を学んできた~ほんの入り口に立った感じ

記録 記録-オープンスクール

自己の魂を理解するツールとして性格構造論を学んできた。

学んだと言っても、ほんの入り口に立った感じだ。

「性格構造論(キャラクトロロジー)」 当たり前だがとても奥が深い。

 

人を癒す仕事につくということは、まず自分自身が

自己の変容プロセスをしっかり経ていることがとてもとても大事。

 

という訳で、言わずもがな

人を判断したり、決め付けたりするためではなく

まず自分自身を理解するツールとして性格構造論を学ぶ講座であった。

f:id:rising-dragon:20160913224214j:plain

 

初日に、きっと自分はこのタイプじゃないかな

と思っていた基本性格構造と

 

最終日に、先輩方や仲間に助言を頂きながら

辿り着いた基本性格構造は、違っていた。

実習しながら腑に落ちていく。おもしろい。

 

性格構造は真の自己ではなく、偽の自己を示してくれる地図なのだ。

地図は私ではない。この認識はとても大事だと思った。

自分のアイデンティティーをそこに置かないように

賢く地図を利用していかなくては。

 

基本性格構造ごとにそれぞれの特徴を学び、

自分の魂がこの人生で何をしようとしているのかを知る手がかりとして

魂が求めている大まかなテーマ・方向性を教えてもらった。

自分の内面を深堀っていく土台を得た感じがする。

 

f:id:rising-dragon:20160913225435j:plain

また実習の中で、とある基本性格構造タイプのグループに入り

大地から上へと上昇していくエネルギーの輪に加わったとき、

次第に胸の辺りがモヤモヤ~としてくる感覚があった。

 

思いがけず自分では気づかなかったエネルギーブロックを体感し、

そのことが自分の基本性格構造を見直し納得するのに大いに役立った。

とてもありがたい経験となった。

 

このようなことは一人ではけして学べないことだ。

対面講座に出席して本当によかったと思う。

 

身体に現れる表現も、実習によってより深く実感を伴って学ぶことができた。

そして同じ現象を見るにしても、視点によってだいぶ得るものが違うことも

とても印象深かった。

 

私も意味のある有意義な視点で物事を見られるようになっていきたい。

 

多くを学び充実した3日間であったが、

自分はまだまだほんのスタート地点に立ったに過ぎないと感じる。

これからも自分なりに性格構造論を深めて身につけていこう。

 

そして何より、自分を癒し変容していこう。

 

広告を非表示にする