空飛ぶ船は癒し舟

空飛ぶ船は癒し舟

空船は肉体と魂を結ぶ癒し舟。自分らしい人生を送るための健康づくりをサポート。

バリ島ウブド記~出発編

集中研修に参加するためウブドへ。

約10日間の日程。

 

自分の人生において、

「海外研修に行く」なんて

あると思わなかった。

 

今回は手荷物のみで挑む。

むろんきっちり7kg以内。

 

背負っているだけで

体力・知力ゲージが

みるみる減っていく。

f:id:rising-dragon:20170321225207j:plain

 

キャセイパシフィックでゆく空の旅。

深夜1時頃、羽田出発。

 

香港で乗り換えて、

バリ島のングラライ国際空港

(通称:デンパサール国際空港)へ。

f:id:rising-dragon:20170320212258j:plain

 

羽田から香港までの飛行機は

モニター無しの小型タイプだった。

 

クッションとブランケット付きで

ちょっと嬉しい。

 

ドリンクと機内食が終わると

機内は暗くなる。

ウトウトして朝の5時過ぎに香港着。

f:id:rising-dragon:20170322010126j:plain

 

香港空港にて乗り換え(トランスファー)。

長時間 座りっぱなしは辛い!

乗り換えはちょっとホッとする。

 

ちなみにトランジットと

トランスファーの違いって、

 

(燃料などを補給して)

同じ飛行機で行くのがトランジット、

 

違う飛行機に乗り換えるのが

トランスファー

 

黒いズボンが毛玉にやられた。

f:id:rising-dragon:20170322013101p:plain

 

トランスファーの案内に従って進む。

保安検査を受けて

搭乗ゲートのあるフロアへ。

次の飛行機まで約4時間半の滞在だ。

 

保安検査のところ

なんか職員の態度がこわかった。

中身を出させられたが

なんとか通過。

 

初のラウンジに挑戦。

緊張しまくり。

 

受付の人がなんか言っていたけど

英語よく分からん。

 

変な汗を大量にかきつつ、

適当に頷いてサインしたら入れた。

f:id:rising-dragon:20170321233253j:plain

 

薄暗くて落ち着いた空間。

けっこう人がいるけど割と静か。

 

飲み物、食べ物が各種置いてあって、

ビュッフェスタイル。

とりあえず色々試してみる。

f:id:rising-dragon:20170320215307j:plain

 

香港空港内はけっこう広い。

重くのしかかる手荷物を

カートに乗せたら天国だった。

ありがたや。

 

あひる made by 缶詰。

なんか圧倒された。

f:id:rising-dragon:20170320215346j:plain

 

ドラゴンに乗ったM&Ms。

香港すげーな。

f:id:rising-dragon:20170322011410j:plain

 

AM10時頃、香港出発。

今度はモニター付きだ!嬉しい。

機内食も美味しく頂いた。

f:id:rising-dragon:20170320212318j:plain

 

今回の研修テーマとも

かぶっていそうな

「モアナと伝説の海」

を見てみる。涙。

 

帰国便でも

「モアナ」を見ちゃった。満足。

 

PM3時ころ、バリ島に到着。

ングラライ空港に降り立つや否や、

ムンワ~と熱気を感じた。

 

ヤバイ!

これが南国かー!Σ(`д´*ノ)ノ

 

トイレで重ね着してきたものを脱ぐ。

到着出口前は、ゲストの名前を持った

お迎えのドライバーさん達が大勢。

f:id:rising-dragon:20170322004017j:plain*1

 

到着出口すぐ横の両替所で両替。

機械でお金を数えてくれて安心。

ここでぼったくられることは

無さそうだ。

 

勝手に荷物を運んで

お金を要求してくる

ポーター詐欺についても

 

現在はいなくなっているようだ。

そういう人は見なかった。

 

自分を待ってくれている

ドライバーさんを探すのにひと苦労。

なんせ人が多い!

 

焦らず一枚一枚

ドライバーさんたちが持っている

紙に書かれた名前を確認。

 

 一歩空港を出ると強い日差し!

ちょっと息が吸いにくいくらいの熱気。

 

赤道の近くはやっぱ違うな!:(;゙゚'ω゚'):

 

空港に集合していた仲間と共に

送迎車に乗って研修ホテルへ。

 

とにかく緊張と焦りで疲れた。

小心者で緊張しいなのによくやった。

 

初めての体験が目白押し。

この歳になってもまだまだ

チャレンジは尽きないんだな。

 

疲れ方が尋常じゃない。

 

つづく。