空飛ぶ船は癒し舟

空飛ぶ船は癒し舟

空船は肉体と魂を結ぶ癒し舟。自分らしい人生を送るために今日も空を翔る

ヘビースモーカーでも肺がんにならないのはなぜ?

ヘビースモーカーだったのに

肺がんにならなかった人もいるし、

吸わないのに肺がんになる人もいる。

 

なんでなんだろう?

 

そんな疑問を

スッキリさせてくれる

記事があったのでメモしておこう。

 ↓ 

『禁煙がもたらす国民みんなの幸せ』
毎日新聞・医療プレミア

 

吸えば吸うほど細胞がガン化する危険は高まる

タバコの煙には

変異原と呼ばれる物質が

多数含まれている。

 

だからタバコを吸えば吸うほど、

遺伝子に変異が起きやすくなり、

細胞ががん化する危険が高まるんだ。

 

国際がん研究機関 (IARC) による

発がん性リスクの一覧をみると、

 

たばこの喫煙は、

グループ1(ヒトに対する発癌性が認められる)

に分類されている。

 

IARC発がん性分類について

IARCは、主に、人に対する発がん性に関する様々な物質・要因を評価し、5段階に分類しています。IARCによる発がん性の分類は、人に対する発がん性があるかどうかの「根拠の強さ」を示すものです。物質の発がん性の強さや暴露量に基づくリスクの大きさを示すものではありません。

国際がん研究機関(IARC)の概要とIARC発がん性分類について:農林水産省より

 

f:id:rising-dragon:20170611235805j:plain

 

タバコに

発がん性があることは

間違いないと思うけど、

 

ヘビースモーカーでも

肺がんにならない人がいるのは

矛盾している気もするよね。

 

吸っても肺がんにならない人がいるのはなぜ?

これはざっくり言うと

『タイプによる』

ということのようだ。

 

1.環境要因だけで病気になる人

f:id:rising-dragon:20170612004940j:plain

 

タバコなど環境要因が

引き金となって発症するタイプ。

 

肺に過度なストレスのかかる

環境や生活習慣は

要注意かもしれないね。

 

2.遺伝要因だけで病気になる人

f:id:rising-dragon:20170612004956j:plain

吸わないし

環境要因がない人でも

 

遺伝要因のために

肺がんになることもあるようだ。

 

先天的な遺伝子変異が

肺がんの発症に

どれだけ関係しているのか

 

まだはっきり

解明されていないようだが、

 

肺がんになりやすい体質

というものがあるのは確か。

 

 

3.環境要因と遺伝要因の複合で病気になる人

f:id:rising-dragon:20170612005008j:plain

肺がんになりやすい体質

(遺伝要因)を持っていて、

環境要因との兼ね合いで

発症するタイプ。

 

このタイプの人は

環境要因を気をつければ

予防できそうだね。

 

4.環境要因に強い遺伝要因を持っている人

f:id:rising-dragon:20170612030456j:plain

生まれながらに肺がんに

なりにくいタイプと言えるかな。

 

 

肺にストレスがかかっても

負けない遺伝子を持っているようだ。

 

このタイプの人は、

喫煙者で環境要因がある

にもかかわらず

肺がんにならない場合がある。

 

肺がんになりにくい体質なんだね。

 

まとめ 

という訳で、

 

ヘビースモーカーなのに

肺がんにならなかった人は、

 

遺伝子レベルで

肺がんになりにくいタイプ

ということのようだ。 

 

だから、

たばこに発がん性がない

ということではないのだ。

 

禁煙の効果はどれくらいあるの?

日本人の死因第1位はがん、

そのうち肺がんが死因の1位なんだ。

 

上記4のタイプでもない限り、

吸う人も吸わない人も

発ガンのリスクに

さらされてしまうのだから、

タバコってのはやっかいだよね。

 

ところで禁煙したら

どれくらい効果あるんだろうね?

 

禁煙がもたらす国民みんなの幸せ

にはこう書いてある。

 

喫煙したことがある人は、全く喫煙したことがない人の5.5倍、肺がんになる危険が増すと結論付けています(注3)。

 

この世からたばこがなくなり、喫煙者と喫煙経験者が存在しなくなると、肺がん患者は現在の約6分の1になるということです。

 

しかし、肺がん患者は0人にはなりません。

この理由は、公害などの環境要因、あるいは、遺伝要因の影響のためだと考えられます。

禁煙がもたらす国民みんなの幸せ | みんなの心と体 癒やして守るヒント | 和田裕雄 | 毎日新聞「医療プレミア」 

 注3:Lee PN et al. Systematic review with meta-analysis of the epidemiological evidence in the 1900s relating smoking to lung cancer. BMC Cancer 2012; 12: 385.

 

仮にこの世から

たばこを無くしても、

肺がん患者はゼロにはならない。

 

でも予防できる肺がんもある

ってことが大事だ。

 

少なくても

「うちのじいちゃんは

ヘビースモーカーなのに

肺がんにならなかった!

だから吸っても大丈夫!」

 

ということではないのは確かだぞ。

 

みんながみんなそんな遺伝子を

持っている訳じゃないからね!

(`ω´)キリッ