空飛ぶ船は癒し舟

空飛ぶ船は癒し舟

雨ニモ風ニモ雪ニモ夏ノ暑サニモマケルケド笑顔は忘れず雑草のごとく強くはびこる

グリホサート(5)~『ヒトにはシキミ酸経路が無いから大丈夫』⇒「私たちの腸内細菌にはありますが?」

ヒトにはシキミ酸経路がないから大丈夫なんだぜ!が謳い文句のグリホサート

 日本でラウンドアップを取り扱っている日産化学工業の説明をみてみよう。

日産化学工業の説明

Q

なんで植物は枯れるのに、動物は大丈夫なの?

A
植物の生長に必要なアミノ酸の合成をする代謝経路(シキミ酸経路)に特異的に阻害し、植物の生長を停止させ、枯死させます。この代謝経路は植物に独自のもので、哺乳動物や他の有用生物にはこの代謝経路がないからです。
ご使用前にはラベルをよく読み、安全使用上の注意にしたがって、記載以外には使用しないで下さい。

ラウンドアップマックスロードAL よくあるご質問|日産化学工業より

日産化学 ラウンドアップマックスロードAL 2L

  「大丈夫なの?」って質問に『大丈夫』という言葉はないあたりが大人な回答。

 次はラウンドアップの生みの親であるモンサント社の説明をみてみよう。

モンサント社 の説明

グリホサートは、植物の生長に必要な一つの酵素の働きを阻害します。この酵素はヒトや動物には存在しないため、グリホサートを有効成分とする製品をラベルの表示された使用方法に従って使用する限り、ヒトや動物の健康に対するリスクは低いのです。植物にはこの酵素があり、ヒトや動物にはないということが、植物だけに特異的に毒性を有する(効果を発揮する)理由です。

グリホサートとは? | 日本モンサント

グリホサートは、どのように働くのか? | 日本モンサントより

 

 『ラベルの表示された使用方法に従って使用する限り、ヒトや動物の健康に対するリスクは低い』って書き方がどうもいやらしい感じがしてしまうな。

 

 ラベルの表示された使用方法ってこれのことかな。↓

食用作物に噴霧されるモンサントの除草剤。2004年早春。

f:id:rising-dragon:20170712142941j:plain

By 不明 - USDA – http://www.usda.gov/oc/photo/94cs3568.htm, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=1705629

 

8.ばく露防止及び保護措置
設備対策
・管理濃度・許容濃度以下に保つために換気装置を設置する。
保護具
 呼吸器の保護具
  ・防塵マスク
 手の保護具
  ・適切な保護手袋を着用する。
 眼の保護具
  ・適切な眼の保護具を着用する。
 皮膚及び身体の保護具
  ・適切な保護衣を着用する。
衛生対策
・取扱い後はよく手を洗う。

http://www.roundupjp.com/pdf/safety_al_160915.pdfより

 

そうすれば『ヒトや動物の健康に対するリスクは低い』んだそうだ。

f:id:rising-dragon:20170712214442j:plain

 

 ヒトには無いが、腸内細菌にはシキミ酸経路があるよ

 クレマー博士はこう言っている。

  バイオテクノロジー業界は、グリホサートが土壌中で分解し、シキミ酸経路を持たないためヒトに影響を及ぼし得ないと主張しています。しかし、腸内の細菌にはこの経路があります。

Dr. Robert Kremer: GMOs, Glyphosate and Soil Biology - Food Integrity Nowより

 

うぉい!うぉい !マジかよ!ヽ| `Д´ ;|ノ

ってよく分かってないのに驚いちゃうぜ。

f:id:rising-dragon:20170712223817j:plain

 腸内細菌と私たちの健康状態は切っても切れない関係だ。

だから腸内細菌に何か害があるとすれば、それはヒトにも関係大ありだよね。

 

 これについて企業はだんまりを決め込んでいるから性質が悪い。

ヒトにはシキミ酸経路がないの一点張りだ。

 


腸内フローラって?

 

腸内細菌が無くなるとどうなる?

 腸内細菌にシキミ酸経路がある限り、グリホサートはヒトの腸内細菌に影響を及ぼすことができるはずだ。シキミ酸経路阻害剤だから。そしてそれは2次的に私たちの健康に影響を及ぼすことになるはずだ。

 

 ところで、もし腸内細菌が無いとどうなるんだろう?ちょっとしらべてみたところ以下の記事が参考になった。

 

クワシオコアと腸内細菌 | 福岡伸一の生命浮遊 | ソトコト

2 腸内細菌の宿主(ヒト)への影響

 

ざっとまとめるとこんな感じか。

 

【マウスでの実験結果】

・マウスは腸内細菌が無くても生きていく事は出来た。

臓器の形態や機能に異常がみられた

・腸内細菌によって作り出される栄養素を補ってやらねばならなかった。

・普通のマウスより30%多くカロリーを摂取を必要とした。

・普通のマウスより臓器の機能が低下したり、臓器の働きに負担がかかる。病気になりやすい状態になる。(詳しくは2 腸内細菌の宿主(ヒト)への影響を見てね)

 

 

 このマウスの実験結果を見て、グリホサートがヒトの健康に害がありそうなのを否定できるだろうか?

 

 私たちの腸内お花畑を荒らされたら、『激おこぷんぷん丸』どころか『カム着火インフェルノォォォォオオウ』すべきではないだろうか?

f:id:rising-dragon:20170712235531j:plain

つづく。