空飛ぶ船は癒し舟

空飛ぶ船は癒し舟

雨ニモ風ニモ雪ニモ夏ノ暑サニモマケルケド笑顔は忘れず雑草のごとく強くはびこる

グリホサート(7)~シキミ酸とは?σ(・´ω`・)ンー

 シキミ酸経路ってなんだろう?

ちょっと気を抜くと「キシミ」って言っちゃうし。

ややこしいな!

 

んもう!何かがキシキシ軋んじゃいそうだわ!∑( ̄皿 ̄;; ンガァーーー!!!

 

そんな訳でシキミ酸のことを少し調べてみよう。

 

シキミ酸とは?

名前の由来

「シキミ酸」はシキミの果実から発見されたのが名前の由来。シキミって日本の植物の名前だったんだね。

 

シキミ(樒、櫁、梻 Illicium anisatum)

f:id:rising-dragon:20170711174912j:plain

By I, KENPEI, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=3900639

 

 このシキミって木は、毒成分を含んでいて、特に実を食べるとヤバイから絶対に食べちゃだめ。シキミの実はヤバイけど、シキミ酸自体は無毒だよ。

シキミの実は植物としては唯一、毒物及び劇物取締法により劇物に指定(毒物及び劇物指定令(昭和40年政令第2号)第2条第1項第39号「しきみの実」)されている。 シキミ - Wikipediaより

 

発見者 

ヨハン・フレデリック・エイクマンって化学者が、シキミの実からシキミ酸を見つけた。

f:id:rising-dragon:20170719195241j:plain

By 不明 - Nagasaki University School of Pharmaceutical Sciences, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=5404375

 

オランダ人の薬学者、化学者。

明治時代に来日し、植物成分の研究に有機化学と栄養分析の手法を導入し、日本の薬学における新分野の基礎を築いた。

ヨハン・エイクマン - Wikipediaより

 

 ちなみに余談だけど、弟のクリスティアーン・エイクマンは、抗神経炎ビタミンの発見でノーベル生理学・医学賞を受賞している。(物質としてビタミンを初めて抽出、発見したのは鈴木梅太郎。日本語で発表したため世界に広まらなかった*1ま、これはどうでもいい情報。本題に戻ろう。

f:id:rising-dragon:20170719201425j:plain

By Unknown - http://www.kb.nl/hkc/nobel/eijkman/eijkman.html, Copyrighted free use, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=881073

 

シキミ酸の立ち位置 

 シキミ酸は、樒(シキミ)の実から発見されたんだけど、ほとんどのバクテリア類(細菌)、菌類(カビ、キノコ、酵母など)、植物に存在している

 

 名前はシキミだけど、他の植物や微生物もほとんどみんな持っているシキミ酸。う、なんか、モヤっとする・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)・・・・・。

f:id:rising-dragon:20170725030717p:plain

By Xplus1 - 投稿者自身による作品, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=47637334

 

 いろんな種族が共通して持っているってことは、クソ!アイツがいなきゃ始まらねーよ!俺たちにはお前が必要なんだ!戻ってきてくれ!みたいな、普段は目立たないけど、いなくなったとたん大切な存在だと気付いた的なやつか?

 

 シキミ酸は、シキミ酸経路を構成している物質のひとつなんだけど、生きていくために必要なアミノ酸やタンパク質を作り出す原料になるからあなどれない。

 

 シキミ酸経路を経て、植物が生きてゆく上で欠かせない芳香族アミノ酸やさらにそこから様々な芳香族化合物が合成されていく。

 

 だもんだから、グリホサートによってシキミ酸経路を阻害されちゃうと致命的なんだな、これが。まぁ、枯らすという意味ではいいところに目をつけたのかもしれないが、、、

f:id:rising-dragon:20170716155630j:plain

・ 

・ 

・ 

・ 

・ 

 

どこに目~つけてんだこらぁ~(怒)!

ヒトの腸内フローラ(花畑)にまで異変が及んでんだろー!!

f:id:rising-dragon:20170712235531j:plain

 

人間界ではこんなに利用されているらしい

  シキミ酸は、人間界でも大活躍だよ。

おったまげる程お世話になっているっぽい。

 

 例えば、シキミ酸を前駆物質として合成される芳香族化合物には、こんなに沢山の用途があるんだって!びっくらこいたなもう!(゜ロ゜)ギョェ

 

1. ポリマー原料
・プラスチック原料
 (フェノール樹脂、ポリカーボネート樹脂、エポキシ樹脂、ポリスチレン等)
・液晶原料
・合成繊維原料(ポリエステル、ナイロン)
・合成ゴム原料(スチレンゴム等)
2. 工業薬品原料
合成洗剤原料(アルキルフェノール、アルキルベンゼン
・塗料原料、染料、写真現像薬原料
・重合防止剤、可塑剤、紫外線吸収剤
3. 医薬・農薬、香料の原料 

http://www.rite.or.jp/news/events/pdf/inui-ppt-kakushin2014.pdfより

 

 私の生活は、もうシキミ酸無しじゃやっていけない、そんな気がしてきた。

シキミ酸のない世界なんて生きていけそうにない。

嘘だろ? いつからこんなに弱くなってしまったんだ私は!(T-T) ウルウル

 

ツヅク