空飛ぶ船は癒し舟

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶ船は癒し舟

雨ニモ風ニモ雪ニモ夏ノ暑サニモマケルケド笑顔は忘れず雑草のごとく強くはびこる

バリ島ウブド記~呼吸器系が弱いのでどう対策するか編

 モンキーフォレスト散策から帰った後、夕方のプールはとても気持ちよかった!そして仲間と無邪気に遊んでとってもとっても楽しかった!ヾ(≧▽≦)ノ

f:id:rising-dragon:20170401011515j:plain  あんなにキャーキャー遊んだのはいつ以来だろう?もう何年もふざけて遊ぶことを忘れていた。大人として、○○としてとか、いつも役割を果たそうとして暮らしている自分を解き放ってくれた気がする。

f:id:rising-dragon:20170404235805j:plain

 たまには大事だな、自分が何者かなんんて関係ない無邪気な時間。

 

 その日の夜、急に喉が痛くなってきて、けっこう腫れてきた。私は呼吸器系が弱いので気管支炎に発展しないように食い止めないといけない。

 

  研修2日目にして喉をやられてしまうとは!私らしいといえば私らしいが、クソー!こんな時に!<(T◇T)>うぉぉぉぉぉ!!! 翌日から帰国するまで、咳や鼻水とお付き合いするはめになった。

f:id:rising-dragon:20170404235851j:plain

  旅疲れとか、環境の変化とか、虫除け剤に含まれる化学成分の影響とか、街の埃っぽい空気とか、古いエネルギーを手放したいという体の反応とか、色んな影響かな。

 

 予防のためのマスクはたくさん持ってきていたけど、何しろ暑くて街中の散策中にずっとマスクなんてしてられない!これも敗因の一つか。いやしかし、きっと一番は旅の疲れだろうな。旅先で寝込みたくないよう~。

 

 ウブドの街中は、車やバイクが多く走るし、あちこちで店の内装工事をしている。土ぼこりもあるし、日差しが強くて乾いている。3月は雨期だが、滞在中は雨が降らなかった(どこでも異常気象なんだね)。けっこう空気は埃っぽいのかも。

f:id:rising-dragon:20170401020912j:plain

傾向と対策

 とりあえず今後のために対策を立てておこう。ちなみにこれは私のように喉を痛めやすい人には参考になると思うが、そうじゃない人はここまで気にする必要は全くない。

 

体調編

・旅慣れていない場合、緊張やストレスで神経が想像以上にすり減っている。1日目、2日目は意識的にゆっくり過ごして疲労回復を心がける。

 

・今回、深夜便の飛行機移動だった。機内は熟睡できないから睡眠不足で身体も疲れたのだろう。つい楽しみたい気持ちが優勢になるが、やはり体調に合わせて到着日と翌日くらいは自重した方がよさそうだ。

f:id:rising-dragon:20170405000032j:plain

・研修の数日前から現地入りして体調を整えておくのもあり。

 

・ある日の昼食後、体調回復のために部屋で寝ていたが、どうにもこうにも辛くて体を動かしたくなった。夕方30~40分くらいローカル散歩をしたら汗をぶわ~っとかいてスキッとした!汗をかいたあとはすぐに着替えるのが◎。基本休むのが大事だが、自然と沸いてくる欲求に従ってみるのもありかも(あくまでムリしない範囲)。汗を沢山かいてエネルギーの浄化作用もあったように思う。

f:id:rising-dragon:20170402024517j:plain

胃腸編 

機内食やらラウンジやらで食べ過ぎて胃腸も疲れた。現地に着いたら美味しそうな料理に心躍るが、はやり胃腸のコンディションを優先したい。胃腸の疲れは、睡眠の質や疲労回復に影響するから。

 

・胃腸が重くてあまり食べたくない時、スーパーで買っておいたフルーツが役立った。ウブドのココスーパーの一角にフルーツコーナーがあったよ。奥にある赤いのがドラゴンフルーツ。ジューシーでおいしかった♪ 

f:id:rising-dragon:20170402014723j:plain

 ドラゴンフルーツを買った後、部屋に置いておいたら熟れてきて手で簡単にむけた。次に行くとしたらプラスチックのマイスプーンを一つ持っていこうかな(ドラゴンフルーツをホテルの部屋で食べる時便利だから)。ちなみに日本みたいにカットフルーツも売っていた。

 

・同じくあまり食べられない時の軽食に、黒米プティングも美味しかった♪

f:id:rising-dragon:20170402015918j:plain

 

空調編

・ホテルの部屋の天井に大きな扇風機が付いているから、これを点ければクーラーなしでも大抵大丈夫。が、扇風機の風に当たりっぱなしも冷えてしまってなんだが良くない。臨機応変にやるしかない。

 

喉ケア編

・虫除け剤は、ナチュラルに越したことはない。とくにスプレーなど空気に拡散されて吸い込んでしまうタイプ(化学製品)は咳が出て呼吸器によくないので使わない。

 

・旅先でも、うがいはなるべく小まめにした方がベスト。うがい用の精油(ティツリーとか)があると便利。

 

・マスクはあると便利だが、歩いて移動している時や気温が上がっている屋外では、常時着用は暑苦しすぎてムリ。埃などを吸ってしまうのは防ぎきれない。うがいが一番だが、出先で小まめにうがいもムズカシイ。喉によいハーブの飴とかいいかも(気休めにはなる)。

 

・咳が止まらない時にのど飴(現地で買える)、ペットボトルの水があると気分的に落ち着く。マスクあるいはハンドタオルはマストアイテム。あると周囲への配慮にもなる(咳エチケット)。寝たときの咳対策にも使える。

 

・鼻水で、ティッシュを尋常じゃないくらい沢山使った。必要に応じて現地のコンビニや商店やスーパーで気軽に買えるから安心。紙質は日本のよりざらざらしていたので多少肌荒れが気にならないでもないが、旅の間くらいどってことない。鼻のかみ方を工夫すれば乗り切れる。紙くずを捨てる用のビニール袋が重宝した。

 

・次回はノドぬーるスプレーとか龍角散を持っていくことにしよう。

 

・免疫機能をサポートしてくれるサプリメントもあると便利。

広告を非表示にする