空飛ぶ船は癒し舟

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶ船は癒し舟

雨ニモ風ニモ雪ニモ夏ノ暑サニモマケルケド笑顔は忘れず雑草のごとく強くはびこる

医神アスクレピオス

アンドルー・ワイル医師は「癒す心、治る力」という本の中で、

「治療(トリートメント)」と「治癒(ヒーリング)」の関係を、

古代ギリシャの「医神アスクレピオス」と「健康神ヒュギエイア」に

なぞらえて説明している

 

現代医療を、アスクレピオス派とヒュギエイア派という視点から

捉えている点もなるほどおもしろいなぁと思った。

 

が、如何せんアスクレピオスとヒュギエイアのことをよく知らないために

ストンと落ちてこない部分がある。とりあえず調べてみるとしよう。

 

 

神になった名医アスクレピオス

アスクレピオスを日本やアメリカのウィキペディアで調べてみると

こんな画像が載っている。

3

By Nina Aldin Thune - The Norwegian (bokmål) Wikipedia, Bilde:Asklepios.3.jpg, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=762534

 

杖に巻き付いたヘビアスクレピオスのシンボル。

285px-Asklepios_-_Epidauros

By original file by Michael F. Mehnert - File:Asklepios - Statue Epidauros Museum 2008-09-11.jpg, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=8718607

 

モザイク画のアスクレピオスはなんだかちょっとかわいく見える。eskulap

By Original author and uploader was Alehanro (Ivan Ivanov) at bg.wikipedia - Transferred from bg.wikipedia, Public Domain, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=5367491

 

医神でもあるアポロンの血筋

アスクレピオスの両親は、アポロン(父)とコローニス(母)とされるが、

アスクレピオスがまだ母のお腹の中いた時、事件は起こる。

 

コローニスが他の男と密通しているという知らせを聞いたアポロン

「お前浮気しただろー!!」と激怒してコローニスを殺してしまったのだ。

(その知らせはどうやら誤報だったらしいが(; ̄Д ̄))

 

その時の絵がこれ↓

Domenichino_004

アポロンに射殺されたコローニス By ドメニキーノ - [1], パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=5296698

人間界でこういう事件はありますけど、

神様もこうなっちゃうんですかね(;・∀・)

 

激情にかられてコローニスを殺してしまったアポロンだが、すぐに後悔したらしく、

妻コローニスのお腹の中にいた我が子アスクレピオスを助け出し

ケイローンに養育をお願いしたそうな。(ケイローンは、ケンタウルス族の賢者)463px-Chiron_instructs_young_Achilles_-_Ancient_Roman_fresco

By sconosciuto. Il prototipo era probabilmente un gruppo scultoreo esposto a Roma nei Saepta. - Unknown, Public Domain, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=5709453

 

ケイローンは、優れた教師だったようで

多くのギリシャ神話の英雄がケイローンの教えを乞うたようだ。

(注:上記の絵に描かれている生徒はアスクレピオスではない)

 

アスクレピオスは特に医学方面での才能があり、

やがて師ケイローンを凌ぐほどの名医に成長した

 

命を操るまでになったアスクレピオス

さて、名医に成長したアスクレピオスだが

ケイローンからの独立後も熱心に腕を磨いていって

ついには死者まで生き返らせることができるようになった

(・`д´・;)ス、スゲー・・・。

 

しかし、これが大問題に発展する!

 

自分のところの死者が勝手に連れ戻されて

冥界の王ハーデースが激おこぷんぷん丸。

 

「死者を勝手に連れ戻してんじゃないよ!

世界の秩序が崩れるだろーがぁ!ヽ(#`Д´)ノ」

320px-ハーデース

ハーデース By 遠藤 昂志 - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=47148957

まぁ、この気持ちは分かる気がする。

 

冥界の王ハーデースは、神々の王ゼウスに強く抗議。

 

事態を重く見たゼウスは、これを聞き入れ

全宇宙を破壊できるほど強力な武器、雷霆(らいてい)で

アスクレピオスをバーンって撃ち殺してしまった。

Lightning_animation

By DocWoelle - 投稿者自身による作品, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=202608

そんな武器使う必要あります?(llФwФ`)ガクガクブルブル

 

雷霆(らいてい)を持ったゼウス↓

230px-Jupiter_Smyrna_Louvre_Ma13

By Marie-Lan Nguyen - 投稿者自身による作品, パブリック・ドメイン, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=913510

 

どうでもいいけど、この形…雷霆って、

ヴァジュラ(金剛杵)という法具と似てる感じ。

193px-Patan_Kathmandu_Nepal_2012_(8636514172)

By S Pakhrin from DC, USA - Patan Kathmandu Nepal 2012, CC 表示 2.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=33969755

ヴァジュラも雷を操る道具らしい。

これは煩悩を滅ぼしてくれるというから、ゼウスの雷も、

人を救うだけでなく命を操るまでになってしまったアスクレピオスの煩悩を

打ち払った比喩ともみれるかな?

 

クローン技術など生命の倫理が問われる現代医学であるが

古代も同じような問題があったのかもしれないな。

 

星座になったアスクレピオス

死者を蘇らせるというのは少々やりすぎてしまったようだが

しかし、病から人を救った医師としての功績を認められて

魂は天に引き上げられ、神様の仲間入りをした。

 

へびつかい座として知られる。

321px-OphiuchusCC

By Till Credner - Own work, http://www.AlltheSky.com, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=9295308

 

西洋と東洋の違いがユニークでおもしろい。

640px-Serpens

By Sidney Hall - This image is available from the United States Library of Congress's Prints and Photographs division under the digital ID cph.3g10061.This tag does not indicate the copyright status of the attached work. A normal copyright tag is still required. See Commons:Licensing for more information. Public Domain, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=31738706


640px-Azophi_Ophiuchus

By Abd al-Rahman al-Sufi - Library of Congress, Public Domain, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=12736841

うーん、へび使い座、どうーも医者って感じがしないけど、

古代の医者はこうなのかな?

 

医学の守護神アスクレピオス

古代ギリシャでは、病院をアスクラピアと呼んだらしい。

またアスクレピオスを祀った神殿はアスクレペイオンといい、

古代ギリシャおよび古代ローマの治癒所として各地に建てられ、

病の治癒を祈願する多くの巡礼者が訪れたようだ。

 

コス島のアスクレペイオン

640px-Kos_Asklepeion

CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=81874

 

医学の祖とされるヒポクラテスはここで医学を学んだらしい。

ヒポクラテスの誓い」は今もなお西洋医学教育で語り継がれている。


私も医学を学び始めた頃、ヒポクラテスの木の下で輪になり

この誓いを立てるというステキな授業があった。なつかしい。


なんだかんだ現代医学もその源をたどれば、

アスクレピオスと繋がっているんだな。

 

アテネのアスクレペイオン

640px-Asclepieion_of_Athens

By DerHexer - 投稿者自身による作品, GFDL, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=3913066

 

ペルガモンのアスクレペイオン

640px-PergamonAsklepieionbKurhaus

By Klaus-Peter Simon - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=12803609
 
こうして下調べしてみると、少しずつアスクレピオスを身近に感じられてきた。

「へび使い」と聞くとあまり「医者」というイメージはわかないけど、

へびにも何か意味があるんだろうな。

よし!今度はヒュギエイアについて調べてみよう。 

 

広告を非表示にする